研究生募集ページ

清原絵画研究所とは

 

清原絵画研究所は、最速でアーティストを作る絵画教室です。

 

「アーティストになりたい。でもなれるだろうか?」という人のための養成所です。


アートジャーニーへのいざない

 

※ジャーニー:旅、旅行、遍歴の比喩。ある状態から長い時間をかけて別の状態に変わるような取り組みを指す。

 

 

アートジャーニー。

それは、芸術家が自身の芸術的探求を進めたり、創造的な旅をすること。

それは、自分の表現を発展させ、新しいアイデアや技術を探求し、自己成長や洞察を得るプロセス。

 

アートジャーニーはさまざまな形で現れます。そこには、新しい技術やメディア(材料・媒体)の習得、主題や概念の探求、自分を掘り下げて思索すること、他の芸術家や文化との交流が含まれます。

 

その旅は時に挑戦的であり、困難な時もあるけれど、それによって芸術家は成長し、自己の表現を深め、より豊かな芸術的体験を得ることができます。アートジャーニーは個々人固有のものであり、それぞれの人が異なる経験や発見をするものです。

 

もしあなたが、

「芸術の世界で生きたい」

「芸術とともに歩む生き方をしたい」

と思うのなら、ぜひ「芸術家」を「あなた」に置き換えてもう一度読んでみてください。自分が芸術家っぽいと少しでも思えたなら、あなたはもうアートジャーニーを始めていると言ってもいいでしょう。

 

アートジャーニーの第一目標は、「あなたのアートで世界に一歩を踏み出すこと」です。

 

当研究所はそれに対応し、

「技術習得および個展開催に関する手引きを行うことで、アーティスト活動を全面的にサポートする」

という方針に基づいて指導を行います。

当研究所は、あなたのアートジャーニーを全力で助けます。

 

アートジャーニーの意義は、

「あなた独自の創造性を解放し、高みへ至る道を切り拓き、人との交流を深める」

です。

 

その上で当研究所は、

「絵画技術」

「作品を市場に出す方法」

「展覧会を成功させる戦略」

「自分自身と自分の作品をどのように社会に位置づけるべきか」

「どのように世界に発信していくか」

についての指導を行います。

 

もしあなたが

「描いてる時間が好き」

「雲間の翳り、波間の光、唇の艶に心躍る瞬間が好き」

と言えるなら、あなたは芸術家になれます。

というか、もう芸術家です。

 準備OKです。

 

さあ、アートジャーニーを始めましょう!

 

 

 

2024年4月22日 清原絵画研究所主宰 清原健彦 

 


主宰・講師紹介 

 

清原健彦

 

 彼は

「人をアーティストにする人」です。

 

彼は、

現役の美術作家で、豊かな「実戦」経験を有しています。

アトリエだけではなく、ギャラリー、路上、野外など、多くの現場でどう行動すべきかを熟知しています。

その経験の中から割り出された、アーティストとして本当に有効な、あるいは本当に必要な本質的能力(資質)を把握しています。

そしてそれを言語化し、能力獲得の仕組みを作る能力を備えています。

その実績もあります。

 

 

多くの研究生に‥

個展を開催させました。

本(フォトブック)を作らせました。

SNSを開設させ、運営させました。

ワークショップを開かせました。

作品やグッズを販売させました。

 

また彼は、

アーティストとして生きていく心構えを知っています。

そしてそれを言語化し、研究生に伝える力を有しています。

そして実際に伝えてきました。

 

 

また彼は‥

「チームリーダー」でもあります。

20年以上に及ぶキャリアにおいて、多くのチームを作り、そのチームを率いてきました。

 

彼はチームを作り‥

研究所展を開催しました。

ワークショップのテントを開きました。

プロダクションのようにチームを組織化し、グッズの制作と販売を率いました。

アートピクニック(写生会)や絵画旅行、数日間の合宿を開催してきました。

彼は彼自身、

美術家として動き、戦ってきました。

強調すべきポイントは、誰よりも多くの失敗を繰り返してきたことです。
どこで躓き、落とし穴にはまり込むか、熟知しています。


だから、あらゆる無駄な取り組みを退け、予測し得る困難を除去し、どうすれば機能するかだけを伝えることができ、どういう辛さが襲ってくるかを理解し、あなたを安全に導くことができるのです。

 

 

  


指導体系

あなたの第一歩をあと押しするため、私たちは本科と基礎科を用意しています。

 

 


本科

 

あなたは、アートジャーニーを実現させたいとお考えですね。

 

自分の表現を磨き、輝くものや驚くべきものを創造したい。

 

歓喜の瞬間を経験し、芸術表現を通じて感受性、知性、人格を高めたい。

 

美しいものに親しんで、充実した人間関係を築きたい。

 

冒険に挑みたい…。

そんな想いを抱えるあなたに、私たちは「最速でアーティストへの道を歩む」手助けをします。

「最速でアーティストになる」という目標は確かに大きな挑戦ですが、遠い夢ではありません。

成功するためには、情熱と努力が必要ですが、可能性は確実にあります。

重要なのは、自分の目標に向かって進み、継続的に努力し続けることです。

多くのアーティストは、自分の才能や技術を磨くために数年間の訓練や実践を積み重ねています。

また、成功するためには、自己表現や芸術的ビジョンを発展させるだけでなく、マーケティングやネットワーキングなど、ビジネス面のスキルも重要です。

重要なのは、自分の夢を信じ、それに向かって着実に進んでいくことです。

あなたも、周りの成功例を学び、失敗や困難に立ち向かいながら、自分の道を切り開いていくことができます。

そして、遠い夢だと感じるかもしれませんが、当研究所の適切なサポートや助言を受けながら、アーティストとしての目標を追求することができます。

 本科では、アートへの情熱と向上心を持つ人々を腹心のようにヘルプし、アーティストとしての成功への道を照らします。

あなた専用に作ったロードマップに沿って、アーティストになるまで導きます。

 

そしてそうなってからも、腹心のようにあなたを助けます。

 

完全未経験者でも大丈夫です。

一歩ずつ、確実に進んでいきましょう。

アートジャーニーを共に歩み、夢を実現させるための第一歩を踏み出しましょう。

 

 

「最速でアーティスト」は可能です。それには理由があります。 

その理由を次のページで説明します。こちら


基礎科

 

「絵が好きだけど描けない。アーティストになれるか自信もない…」

 

そんなあなたを、私たちがヘルプします。

 

基礎科では、「絵を描く楽しさ」「技術を身につけるための手法」をお伝えし、あなたのアートジャーニーの第一歩を踏み出すお手伝いをします。


完全未経験者でも大丈夫です。

 

本科受講に踏み切れない人も、ここ基礎科で挑戦してみてはいかがですか?。


当研究所には、プロのアーティストが備えておくべき本質的技術を認識し、習得していただくための絵画指導法があります。

 

自分の才能を開花させ、アーティストとしての可能性を広げるために、ぜひ私たちと一緒に学んでみませんか?

完全未経験者でも描けるようになります。それには理由があります。

その理由を次のページで説明します。こちら


基礎科

指導体系 

①芸術生活探求部から入り、②基礎科でオブジェクティブ描法の講座を受けた後、③本科に進みます。

 


▪️芸術生活探求部: 

ここはアートジャーニーの入り口です。

 

・アートなんでも無料相談室   

・オブジェクティブ描法体験講座   

・くりぬきペイント講座     

・アートピクニック(写生会)   

・テント出店

・交流会

 

 

▪️基礎科:

ここは最速でアーティストを作るところです。

 

2.5時間×4回のグループレッスン

1レッスン最大10名

 

メニュー

絵画技術を伝授し、実際に使えるようにします。

1.オブジェクティブ描法講座 

所要期間:①徐行描き平均3ヶ月、②ギアチェンジ平均3ヶ月

 

2.最低限の着色講座 

所要期間:平均3ヶ月

 

4.隣接彩色法講座

所要期間:平均3ヶ月   

 

▪️本科:

ここはアートガイドとして旅人を助け、目的地に導くところです。

基礎科で一つ以上の講座を受けて装備を身につけた人は、本科に進みます。

  

メニュー

・目標設定、ロードマップ作成、指導、支援

 

 

◾️料金案内


 

指導の特徴: 

 

1. 現役のプロがあなたのガイドを務めます。

 

当研究所の指導は現役のプロが、アーティストとして役立つこと「だけ」を教える、実戦型・本質追求型です。本質が分かれば「これだけやっとけばOK」となり、行動にブレがなくなります。ここにはアーティストになる最短ルートがあります。

 

 

2. 個展の開き方を教えます。 

 

当研究所は「できることならアーティストという生き方を選びたい。」「でもアーティストになれるんだろうか?」という人むけの養成所です。

 

大丈夫、なれます。

美しい物を作りたいという願いを持って何かを作る人はもうアーティストだからです。あなたがそう思えば、もう、そうなのです。

 

多くのプロは「その自覚があればそうだ」と考えます。「あるレベルに達したら」ではないのです。目から鱗が落ちたなら、あなたはもう覚醒しています。あとは作るだけです。

 

しかし、「美術家」と「自称美術家」は違うと思うかもしれません。

「誰からみても美術家」がいいんだ、「自称美術家」はいやだ、と

そこで証明が必要となります。

どんなものがそれに該当するでしょうか?

当研究所は、「個展」が最も有効ではないか?と考えます。

短期間で達成できるからです。

何年もかかりません。通常一年以内に達成します。

それは最速で美術家になる方法です。

 

 

 

※美術家:美しい物や心を打つ物を作る人。アーティスト。

※プレイヤー:競技者、演奏者、表現者など、人前で実際に参加する人のたとえ。

※美術作家:美術家。アーティスト。

※ガイド:案内人。登山者や旅人を目標地点まで安全・快適・確実に導く人。

※プロ:プロフェッショナルの略。自分が何を提供する者かを公に宣言した人。

本質:物事の奥底にある本当に大切な性質。

※美大:美術大学、芸術大学。
※詭弁:言いくるめ。間違ったことを正しく見せかける言葉遣い。

 

 


体験講座のご案内

当研究所に興味を持ってくださり、ありがとうございます。まずは体験講座にお越しください。

詳しくはこちら

 

未経験でも大丈夫です。